「認知症カフェ」が「オレンジカフェ」と呼ばれる理由

更新:2016-05-09

12308422_549364091888663_2145386904093967119_n国の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」でも設置が進められている「認知症カフェ」。「オレンジカフェ」とも呼ばれています。

どうやら「認知症サポーター」の人が認知症を支援する目印として、オレンジ色のブレスレット(オレンジリング)をつけることからきているようです。認知症支援のイメージカラーなのですね。

でも、なぜオレンジ色なのでしょう? 秋に実るみかん色? それとも、あたたかな夕日の色?…ということで調べてみました。

「認知症サポーター」の目印「オレンジリング」は、なぜオレンジ色なのでしょう?…調べてみると、これは「柿色」。みかんの色でも夕日の色でもありませんでした!

江戸時代の陶工・酒井田柿右衛門が、柿の実からインスピレーションを得て作り出した赤絵磁器と同じように、オレンジリングが世界中で「認知症サポーター」の証として認められれば、との思いからつくられたのだそうです。

また、温かさを感じさせるこの色は、「手助けします」という意味を持つと言われているそうです。こちらに詳しく紹介されていました。→https://www.pref.saga.lg.jp/…/kf-koureisya/ninntisapota.html
さすが、赤絵磁器のふるさと、佐賀のページですね。

「オレンジリング」については、こちらへ→http://www.caravanmate.com/whats.html

この記事に関する記事

熊本大学特別シンポジウムを開催  未来に向けたまちづくりを考える

6月に開催された熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」。日本が福祉国家志向から全員参加社会に向かって変化を迎える中で、これからのまちづくりについて考えるきっかけとなりました。 福祉...

相続の生前対策

亡くなった人(被相続人)の財産上の地位を、配偶者や子どもなどの相続人が受け継ぐことを「相続」と言います。近年、遺族間のトラブル回避や残された家族の幸せのために亡くなる前に対策を進める人が増えているそう...

地域で見守ろう!認知症

 皆さんは、認知症がどんな病気か知っていますか。もし自分や家族が認知症になったら、どうしたらいいのか…この特集では、認知症に関する基本的な知識をはじめ、県内でのさまざまな取り組みを紹介します。 ...

小規模多機能型居宅介護について

介護が必要になったら、自宅で介護を受けるのか、施設で介護を受けるのか…。2つの選択肢が頭に浮かぶかもしれません。 もし、中重度になっても「できるだけ自宅で」と考える本人やご家族を支援しようというのが...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します