「認知症カフェ」が「オレンジカフェ」と呼ばれる理由

更新:2016-05-09

12308422_549364091888663_2145386904093967119_n国の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」でも設置が進められている「認知症カフェ」。「オレンジカフェ」とも呼ばれています。

どうやら「認知症サポーター」の人が認知症を支援する目印として、オレンジ色のブレスレット(オレンジリング)をつけることからきているようです。認知症支援のイメージカラーなのですね。

でも、なぜオレンジ色なのでしょう? 秋に実るみかん色? それとも、あたたかな夕日の色?…ということで調べてみました。

「認知症サポーター」の目印「オレンジリング」は、なぜオレンジ色なのでしょう?…調べてみると、これは「柿色」。みかんの色でも夕日の色でもありませんでした!

江戸時代の陶工・酒井田柿右衛門が、柿の実からインスピレーションを得て作り出した赤絵磁器と同じように、オレンジリングが世界中で「認知症サポーター」の証として認められれば、との思いからつくられたのだそうです。

また、温かさを感じさせるこの色は、「手助けします」という意味を持つと言われているそうです。こちらに詳しく紹介されていました。→https://www.pref.saga.lg.jp/…/kf-koureisya/ninntisapota.html
さすが、赤絵磁器のふるさと、佐賀のページですね。

「オレンジリング」については、こちらへ→http://www.caravanmate.com/whats.html

この記事に関する記事

熊本市が高齢者の住宅再建をサポート 「リバースモーゲージ利子助成」

高齢者の生活資金や、震災後の住宅再建費用には、「リバースモーゲージ」という選択肢もあります。住宅再建に役立つ、熊本市の支援制度を紹介します。 自宅を担保に融資 高齢化が進む中、老後...

認知症を知って、早めの対策を

高齢化に伴い、認知症をわずらう人が増えています。熊本県では、認知症疾患センターを核とする地域の医療ネットワークやコールセンターを運用する「熊本モデル」と呼ばれる認知症の診断・治療体制を整えています。し...

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。 (取材協力/熊本...

高齢者の事情を考慮し自然災害に備えよう

「平成28年熊本地震」で、私たちは日ごろの備えの大切さを痛感させられました。 震災の経験を踏まえて、災害への備えを、改めて見直してみませんか。 日ごろの備えと早めの避難が大切 ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します