サービス付き高齢者向け住宅とは?

更新:2012-01-01

title 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。

(取材協力/熊本県土木部建築住宅局住宅課)


高齢者世帯の増加背景にサービス付き住宅の確保が課題

 高齢化が急速に進む中で、高齢の単身者や夫婦のみで暮らす世帯が増加しています。熊本県においても平成17年、65歳以上の単独世帯が全世帯中の9・2%、65歳以上夫婦のみの世帯は11・1%。つまり5世帯のうち1世帯は高齢者のみの世帯と、全国平均を大きく上回っているのが現状です。

 またわが国では、「要介護度の低い高齢者も特別養護老人ホームの申し込み者となっていること」「高齢者住宅が欧米各国に比べて不足していること」などから、介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することは喫緊の課題となっています。  

 このような状況を背景に2011年4月、国は「改正高齢者住まい法」を公布10月20日から、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる住まいを確保するために、「サービス付き高齢者向け住宅」の登録がスタートしたのです。

p02

p03

 「サービス付き高齢者向け住宅」のスタートに伴い、今後は法的には高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅はなくなりますが、引き続き名称を名乗ることは可能と考えられています。なお、有料老人ホームに該当するサービスを提供する住宅の場合、サービス付き高齢者向け住宅の登録をしなければ、有料老人ホームの届け出が必要です。

p04

 10月20日以降、財団法人熊本県建築住宅センター、熊本県土木部建築住宅局住宅課及び熊本市都市建設局建築部建築計画課で登録簿を閲覧することができます。全国の情報は次のホームページで。

http://www.satsuki-jutaku.jp2012

ページ: 1 2

この記事に関する記事

福祉用具や介護機器、食品などを展示  「くまもと介護フェア2017」開催

 6月22日、熊本市流通情報会館で「くまもと介護フェア2017」を開催しました。くまもとの高齢者住宅ガイド「ひばり」「有限会社千広」「介護ナビくまもと」「株式会社吉平物産」主催のイベントです。 ...

日本人に多い病気「脳卒中」。症状や回復の状態に合わせ 継続的なリハビリを

脳卒中は日本人に多い病気の一つで、年々、患者数が増えています。後遺症が残ることも多く、症状に合わせた継続的なリハビリが必要です。   脳の血管の障害で発症 要介護の...

高齢者虐待を考える

高齢化が進むにつれて、高齢者虐待が大きな社会問題となっています。高齢者虐待は決して他人事ではありません。高齢者が安心して暮らせる社会にするためにも、虐待について正しく理解し、虐待から高齢者を守りましょ...

若い世代も活躍!介護の未来を支える力

 高齢者の増加や少子化による労働力の減少などから、将来的に介護人材の不足が予想されています。幅広い人材の介護業界への参入が求められる中で、若い世代の活躍が期待されています。   ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します