サービス付き高齢者向け住宅とは?

更新:2012-01-01

title 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。

(取材協力/熊本県土木部建築住宅局住宅課)


高齢者世帯の増加背景にサービス付き住宅の確保が課題

 高齢化が急速に進む中で、高齢の単身者や夫婦のみで暮らす世帯が増加しています。熊本県においても平成17年、65歳以上の単独世帯が全世帯中の9・2%、65歳以上夫婦のみの世帯は11・1%。つまり5世帯のうち1世帯は高齢者のみの世帯と、全国平均を大きく上回っているのが現状です。

 またわが国では、「要介護度の低い高齢者も特別養護老人ホームの申し込み者となっていること」「高齢者住宅が欧米各国に比べて不足していること」などから、介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することは喫緊の課題となっています。  

 このような状況を背景に2011年4月、国は「改正高齢者住まい法」を公布10月20日から、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる住まいを確保するために、「サービス付き高齢者向け住宅」の登録がスタートしたのです。

p02

p03

 「サービス付き高齢者向け住宅」のスタートに伴い、今後は法的には高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅はなくなりますが、引き続き名称を名乗ることは可能と考えられています。なお、有料老人ホームに該当するサービスを提供する住宅の場合、サービス付き高齢者向け住宅の登録をしなければ、有料老人ホームの届け出が必要です。

p04

 10月20日以降、財団法人熊本県建築住宅センター、熊本県土木部建築住宅局住宅課及び熊本市都市建設局建築部建築計画課で登録簿を閲覧することができます。全国の情報は次のホームページで。

http://www.satsuki-jutaku.jp2012

ページ: 1 2

この記事に関する記事

高齢者をとりまく犯罪・被害について知る

 超高齢化社会のいま、日常起こる事件や事故にお年寄りが関わるケースが増えています。中でも、新しい手口が増え、お年寄りの被害が相次ぐ、振り込め詐欺をはじめとする"特殊詐欺" 。同じく、増加傾向にある認知...

教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

  認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。 &nb...

高齢者の整理収納術

 リフォームや高齢者住宅への住み替えのタイミングこそ、自分の身の回りを整理するチャンスです。高齢者のさまざまな暮らしの変化に不可欠な、整理収納について、整理収納アドバイザーの池田由里子さんに聞きました...

相続の生前対策

亡くなった人(被相続人)の財産上の地位を、配偶者や子どもなどの相続人が受け継ぐことを「相続」と言います。近年、遺族間のトラブル回避や残された家族の幸せのために亡くなる前に対策を進める人が増えているそう...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します