小規模多機能型居宅介護について

更新:2011-01-01

title介護が必要になったら、自宅で介護を受けるのか、施設で介護を受けるのか…。2つの選択肢が頭に浮かぶかもしれません。

もし、中重度になっても「できるだけ自宅で」と考える本人やご家族を支援しようというのが、平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、地域密着型サービスの一つ「小規模多機能型居宅介護」です。

その仕組みや特徴などを、全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会の代表を務め、熊本県内で複数の小規模多機能ホームなどを運営する川原秀夫さんに聞きました。

【取材協力】熊本県


地域の中で、自宅を中心とした暮らしを

 年を取って介護が必要になっても「住み慣れた自宅や地域の中で、家族や親しい人たちと一緒に暮らしたい」と願う人は多いものです。また、認知症の人にとっては環境の変化が混乱を招くこともあり、これまでの人間関係や生活環境をベースとした介護が望まれます。

 小規模多機能型居宅介護は、主にそういった認知症の高齢者を対象に

◎これまでの生活を継続しながら

◎本人の持っている力を活用し

◎本人の「○○したい」を実現

しようというものです。それだけに小規模でさまざまなサービスを1カ所で提供することが有効なのです。

 それは、施設の在宅版のようなサービスです(下図参照)。

p02

■利用定員
登録制で、1事業所に25人まで

■「通い」の1日当たり定員
おおむね15人以下

■「泊まり」の1日当たり定員
おおむね9人以下

■職員構成
*看護・介護職員は、通いの利用者3人に1人の割合
*夜勤担当職員が1人以上
*訪問介護担当が1人以上、夜間でも必要に応じて
訪問する宿直が1人以上
*ほかに管理者、ケアマネージャー

ページ: 1 2 3

この記事に関する記事

災害時要援護者避難支援制度

 地震や風水害など、大きな災害が発生した時、自力での避難が困難な方を対象にした災害時要援護者避難支援制度があることをご存知ですか。各市町村でその申請方法や詳細は異なりますが、対象となる方は次第に増えて...

高齢者虐待を考える

高齢化が進むにつれて、高齢者虐待が大きな社会問題となっています。高齢者虐待は決して他人事ではありません。高齢者が安心して暮らせる社会にするためにも、虐待について正しく理解し、虐待から高齢者を守りましょ...

介護サービスを受けるには?

「介護サービスを受けたい」と思っても、何からどう始めていいのか分からないという人も多いのでは? この特集では、介護サービスを利用するための各種手続きについてまとめてみました。 要支援・要...

熊本の介護の今と未来を考える

 日本は急激な高齢化に伴い、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。変化を続ける介護業界の現状と今後の展望を、熊本を拠点に活躍する4人の方に語っていただきました。   ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します