教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

更新:2017-11-14

小規模多機能1

 

介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提供します。

 
 

「通い・訪問・宿泊サービスに、24時間365日対応しています」

「小規模多機能型居宅介護」は、事業所への「通い」を中心に、必要に応じて、ご自宅への訪問サービスや、事業所での泊まりサービスを行っています。サービスが違っても、同じ場所で、顔なじみの職員に対応してもらえるのが一番の特徴です。

要介護度に応じた月額定額制で、利用回数が変わっても金額に変動はありません。24時間年中無休のため、利用者やご家族の状況に合わせて利用できます。専属のケアマネジャーがいるので、急な利用や予定の変更にも対応できます。

この記事に関する記事

小規模多機能型居宅介護について

介護が必要になったら、自宅で介護を受けるのか、施設で介護を受けるのか…。2つの選択肢が頭に浮かぶかもしれません。 もし、中重度になっても「できるだけ自宅で」と考える本人やご家族を支援しようというのが...

腰痛予防や人手不足対策に 福祉用具を活用し 〝抱きかかえない介護〟を実現

抱きかかえる介護は、介護する側・される側どちらにも大きな負担となります。特に介護が原因の腰痛は、大きな問題となっています。そこで作業の負担を減らす福祉用具が注目されています。 移乗介助の...

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。 (取材協力/熊本...

教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

  介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します