教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

更新:2017-11-14

小規模多機能1

 

介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提供します。

 
 

「通い・訪問・宿泊サービスに、24時間365日対応しています」

「小規模多機能型居宅介護」は、事業所への「通い」を中心に、必要に応じて、ご自宅への訪問サービスや、事業所での泊まりサービスを行っています。サービスが違っても、同じ場所で、顔なじみの職員に対応してもらえるのが一番の特徴です。

要介護度に応じた月額定額制で、利用回数が変わっても金額に変動はありません。24時間年中無休のため、利用者やご家族の状況に合わせて利用できます。専属のケアマネジャーがいるので、急な利用や予定の変更にも対応できます。

この記事に関する記事

「認知症カフェ」が「オレンジカフェ」と呼ばれる理由

国の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」でも設置が進められている「認知症カフェ」。「オレンジカフェ」とも呼ばれています。 どうやら「認知症サポーター」の人が認知症を支援する目印として、オレ...

教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人福祉施設」

  常に介護が必要で、在宅での介護が難しい方を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、栄養管理などを行います。 高齢者の生活を支えていくための施設です。 ...

高齢者の整理収納術

 リフォームや高齢者住宅への住み替えのタイミングこそ、自分の身の回りを整理するチャンスです。高齢者のさまざまな暮らしの変化に不可欠な、整理収納について、整理収納アドバイザーの池田由里子さんに聞きました...

熊本の介護の今と未来を考える

 日本は急激な高齢化に伴い、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。変化を続ける介護業界の現状と今後の展望を、熊本を拠点に活躍する4人の方に語っていただきました。   ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します