教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

更新:2017-11-14

小規模多機能1

 

介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提供します。

 
 

「通い・訪問・宿泊サービスに、24時間365日対応しています」

「小規模多機能型居宅介護」は、事業所への「通い」を中心に、必要に応じて、ご自宅への訪問サービスや、事業所での泊まりサービスを行っています。サービスが違っても、同じ場所で、顔なじみの職員に対応してもらえるのが一番の特徴です。

要介護度に応じた月額定額制で、利用回数が変わっても金額に変動はありません。24時間年中無休のため、利用者やご家族の状況に合わせて利用できます。専属のケアマネジャーがいるので、急な利用や予定の変更にも対応できます。

この記事に関する記事

高齢者の整理収納術

 リフォームや高齢者住宅への住み替えのタイミングこそ、自分の身の回りを整理するチャンスです。高齢者のさまざまな暮らしの変化に不可欠な、整理収納について、整理収納アドバイザーの池田由里子さんに聞きました...

災害時要援護者避難支援制度

 地震や風水害など、大きな災害が発生した時、自力での避難が困難な方を対象にした災害時要援護者避難支援制度があることをご存知ですか。各市町村でその申請方法や詳細は異なりますが、対象となる方は次第に増えて...

定期巡回・臨機対応サービス

「介護が必要になっても、住み慣れた地域で生活を続けたい」という高齢者にとって、できるだけ在宅で介護が受けられる体制を整えることは、緊急の課題となっています。そのような中、今年4月から熊本市でスタートし...

知っていますか?成年後見制度

 成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人たちを保護・支援する制度です。  例えば、預貯金や不動産などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所に関するさまざま...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します