教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

更新:2017-11-14

グループホーム1

 

認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。

 
 

「認知症の方が少人数で、自分らしく生活する場です」

「グループホーム」は、認知症の方が少人数で、自分らしい生活を送る場です。できること、できないことは、一人ひとり違います。共同生活といってもルールに沿って皆が同じことをする必要はなく、お部屋は基本的に個室で、その人らしさを認め、自由を重視した生活です。
看護師の配置は義務ではないため、利用者の高齢化や介護度の重度化に伴う、看取りへの対応や医療との連携が今後の課題です。ご家族とのつながりも大切にしていきたいと考えています。

この記事に関する記事

認知症を知って、早めの対策を

高齢化に伴い、認知症をわずらう人が増えています。熊本県では、認知症疾患センターを核とする地域の医療ネットワークやコールセンターを運用する「熊本モデル」と呼ばれる認知症の診断・治療体制を整えています。し...

相続の生前対策

亡くなった人(被相続人)の財産上の地位を、配偶者や子どもなどの相続人が受け継ぐことを「相続」と言います。近年、遺族間のトラブル回避や残された家族の幸せのために亡くなる前に対策を進める人が増えているそう...

教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人福祉施設」

  常に介護が必要で、在宅での介護が難しい方を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、栄養管理などを行います。 高齢者の生活を支えていくための施設です。 ...

腰痛予防や人手不足対策に 福祉用具を活用し 〝抱きかかえない介護〟を実現

抱きかかえる介護は、介護する側・される側どちらにも大きな負担となります。特に介護が原因の腰痛は、大きな問題となっています。そこで作業の負担を減らす福祉用具が注目されています。 移乗介助の...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します