教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

更新:2017-11-14

グループホーム1

 

認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。

 
 

「認知症の方が少人数で、自分らしく生活する場です」

「グループホーム」は、認知症の方が少人数で、自分らしい生活を送る場です。できること、できないことは、一人ひとり違います。共同生活といってもルールに沿って皆が同じことをする必要はなく、お部屋は基本的に個室で、その人らしさを認め、自由を重視した生活です。
看護師の配置は義務ではないため、利用者の高齢化や介護度の重度化に伴う、看取りへの対応や医療との連携が今後の課題です。ご家族とのつながりも大切にしていきたいと考えています。

この記事に関する記事

高齢者の食事のポイントをチェック!

 今、高齢者の「低栄養」が話題になっています。食べているつもりでも、エネルギーや必要な栄養素が不足しているかもしれません。今の食生活を見直してみませんか。     ...

日本人に多い病気「脳卒中」。症状や回復の状態に合わせ 継続的なリハビリを

脳卒中は日本人に多い病気の一つで、年々、患者数が増えています。後遺症が残ることも多く、症状に合わせた継続的なリハビリが必要です。   脳の血管の障害で発症 要介護の...

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。 (取材協力/熊本...

熊本市が高齢者の住宅再建をサポート 「リバースモーゲージ利子助成」

高齢者の生活資金や、震災後の住宅再建費用には、「リバースモーゲージ」という選択肢もあります。住宅再建に役立つ、熊本市の支援制度を紹介します。 自宅を担保に融資 高齢化が進む中、老後...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します