教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人保健施設」

更新:2017-11-14

 

介護が必要な高齢者を対象に、在宅復帰に向けた準備を行うとともに、自宅での生活が継続できるように、看護、医学的な管理の下、介護、リハビリ、栄養管理や生活相談等の総合的な支援を行います。

 

 

「在宅復帰と在宅生活の継続をサポートする施設です」

平成29年6月の介護保険法の改正で、「介護老人保健施設」は在宅復帰と在宅支援を行う施設だと明確に定義されました。入所、短期入所、通所リハビリ、訪問リハビリなど、多機能でさまざまな相談窓口を持つ施設として、地域包括ケアの中核的な役割を担うことを目指しています。

ご家族と情報を共有しながら、医師や看護、介護職員、リハビリ専門職、管理栄養士などすべての職員がチームとなり、ご利用者の在宅復帰を目指し、退所後の在宅生活を支援します。

この記事に関する記事

福祉用具や介護機器、食品などを展示  「くまもと介護フェア2017」開催

 6月22日、熊本市流通情報会館で「くまもと介護フェア2017」を開催しました。くまもとの高齢者住宅ガイド「ひばり」「有限会社千広」「介護ナビくまもと」「株式会社吉平物産」主催のイベントです。 ...

相続の生前対策

亡くなった人(被相続人)の財産上の地位を、配偶者や子どもなどの相続人が受け継ぐことを「相続」と言います。近年、遺族間のトラブル回避や残された家族の幸せのために亡くなる前に対策を進める人が増えているそう...

熊本の介護の今と未来を考える

 日本は急激な高齢化に伴い、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。変化を続ける介護業界の現状と今後の展望を、熊本を拠点に活躍する4人の方に語っていただきました。   ...

医療者・介護者・福祉者の集まり  ケア・カフェRを知っていますか?

「ケア・カフェR」は、新しいコンセプトで行われる、 医療者、介護者、福祉者の集まりで、全国に広がっています。 地域のケアの向上を目指して 「ケア・カフェR」は2012年に...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します