教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人保健施設」

更新:2017-11-14

 

介護が必要な高齢者を対象に、在宅復帰に向けた準備を行うとともに、自宅での生活が継続できるように、看護、医学的な管理の下、介護、リハビリ、栄養管理や生活相談等の総合的な支援を行います。

 

 

「在宅復帰と在宅生活の継続をサポートする施設です」

平成29年6月の介護保険法の改正で、「介護老人保健施設」は在宅復帰と在宅支援を行う施設だと明確に定義されました。入所、短期入所、通所リハビリ、訪問リハビリなど、多機能でさまざまな相談窓口を持つ施設として、地域包括ケアの中核的な役割を担うことを目指しています。

ご家族と情報を共有しながら、医師や看護、介護職員、リハビリ専門職、管理栄養士などすべての職員がチームとなり、ご利用者の在宅復帰を目指し、退所後の在宅生活を支援します。

この記事に関する記事

教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

  認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。 &nb...

高齢者の整理収納術

 リフォームや高齢者住宅への住み替えのタイミングこそ、自分の身の回りを整理するチャンスです。高齢者のさまざまな暮らしの変化に不可欠な、整理収納について、整理収納アドバイザーの池田由里子さんに聞きました...

高齢者の食事のポイントをチェック!

 今、高齢者の「低栄養」が話題になっています。食べているつもりでも、エネルギーや必要な栄養素が不足しているかもしれません。今の食生活を見直してみませんか。     ...

知っていますか?医療ソーシャルワーカー

 近年、医療や介護の在り方が多様化しています。医療や介護について困ったら、医療ソーシャルワーカーに気軽に相談してみませんか。きっと、皆さんの味方になってくれますよ。 医療・介護の相談窓口...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します