教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人福祉施設」

更新:2017-11-14

老健

 

常に介護が必要で、在宅での介護が難しい方を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、栄養管理などを行います。
高齢者の生活を支えていくための施設です。

 

 

「介護が必要な高齢者の生活を支える最後の砦です」

病院は治療が中心になりますが、「介護老人福祉施設」では入居者の生活が中心です。できるだけ長く元気な状態を保ち、暮らしやすくするにはどうしたらよいか考え、介護スタッフや看護師・栄養士などが連携し、看取りまで行います。医療ケアは限られたものになりますが、高齢者の生活を支える最後の砦(とりで)です。

地域密着型施設もあり、地域や家族との結びつきを大切にしています。生活スタイルによって、どの施設を選ぶか考えるとよいと思います。

この記事に関する記事

「認知症カフェ」が「オレンジカフェ」と呼ばれる理由

国の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」でも設置が進められている「認知症カフェ」。「オレンジカフェ」とも呼ばれています。 どうやら「認知症サポーター」の人が認知症を支援する目印として、オレ...

高齢者をとりまく犯罪・被害について知る

 超高齢化社会のいま、日常起こる事件や事故にお年寄りが関わるケースが増えています。中でも、新しい手口が増え、お年寄りの被害が相次ぐ、振り込め詐欺をはじめとする"特殊詐欺" 。同じく、増加傾向にある認知...

教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

  認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。 &nb...

腰痛予防や人手不足対策に 福祉用具を活用し 〝抱きかかえない介護〟を実現

抱きかかえる介護は、介護する側・される側どちらにも大きな負担となります。特に介護が原因の腰痛は、大きな問題となっています。そこで作業の負担を減らす福祉用具が注目されています。 移乗介助の...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します