教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人福祉施設」

更新:2017-11-14

老健

 

常に介護が必要で、在宅での介護が難しい方を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、栄養管理などを行います。
高齢者の生活を支えていくための施設です。

 

 

「介護が必要な高齢者の生活を支える最後の砦です」

病院は治療が中心になりますが、「介護老人福祉施設」では入居者の生活が中心です。できるだけ長く元気な状態を保ち、暮らしやすくするにはどうしたらよいか考え、介護スタッフや看護師・栄養士などが連携し、看取りまで行います。医療ケアは限られたものになりますが、高齢者の生活を支える最後の砦(とりで)です。

地域密着型施設もあり、地域や家族との結びつきを大切にしています。生活スタイルによって、どの施設を選ぶか考えるとよいと思います。

この記事に関する記事

高齢者を交通事故から守る

高齢者が関わる、痛ましい交通事故が相次いでいます。加害者側になっても、被害者側になっても、心身ともに大きなダメージを受ける交通事故。決して他人事ではありません。歩行者、運転手双方の立場の高齢者を守る方...

高齢者の食事のポイントをチェック!

 今、高齢者の「低栄養」が話題になっています。食べているつもりでも、エネルギーや必要な栄養素が不足しているかもしれません。今の食生活を見直してみませんか。     ...

介護福祉士にズームイン!

 高齢者にとって身近な「介護福祉士」。広範な仕事内容のせいか、具体的にどんな職種なのか、よく知らない人も多いのでは?今回は、介護や福祉の分野でマルチに活躍する介護福祉士にスポットを当てました。 ...

腰痛予防や人手不足対策に 福祉用具を活用し 〝抱きかかえない介護〟を実現

抱きかかえる介護は、介護する側・される側どちらにも大きな負担となります。特に介護が原因の腰痛は、大きな問題となっています。そこで作業の負担を減らす福祉用具が注目されています。 移乗介助の...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します