知っていますか?成年後見制度

更新:2010-06-01

p07 成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人たちを保護・支援する制度です。

 例えば、預貯金や不動産などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所に関するさまざまな契約、遺産分割などの協議といったものをする必要があっても、自分で行うことが難しい場合があります。これらのことで不利益を被ったり、悪徳商法などの被害にあわないために、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人などが本人に代わって、契約などの法律行為をしたり、本人の同意を得ずに結ばれた不利益な法律行為を後から取り消すなどの行為ができます。

 成年後見制度は、大きく分けると「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります(下記参照)。制度の利用には、家庭裁判所への申し立てが必要です。本人、配偶者、四親等内の親族のほか、本人に身寄りがない場合などは、市町村長が申立てを行うことができます。

p08

この記事に関する記事

若い世代も活躍!介護の未来を支える力

 高齢者の増加や少子化による労働力の減少などから、将来的に介護人材の不足が予想されています。幅広い人材の介護業界への参入が求められる中で、若い世代の活躍が期待されています。   ...

教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人福祉施設」

  常に介護が必要で、在宅での介護が難しい方を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、栄養管理などを行います。 高齢者の生活を支えていくための施設です。 ...

熊本大学特別シンポジウムを開催  未来に向けたまちづくりを考える

6月に開催された熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」。日本が福祉国家志向から全員参加社会に向かって変化を迎える中で、これからのまちづくりについて考えるきっかけとなりました。 福祉...

医療者・介護者・福祉者の集まり  ケア・カフェRを知っていますか?

「ケア・カフェR」は、新しいコンセプトで行われる、 医療者、介護者、福祉者の集まりで、全国に広がっています。 地域のケアの向上を目指して 「ケア・カフェR」は2012年に...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します