知っていますか?成年後見制度

更新:2010-06-01

p07 成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人たちを保護・支援する制度です。

 例えば、預貯金や不動産などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所に関するさまざまな契約、遺産分割などの協議といったものをする必要があっても、自分で行うことが難しい場合があります。これらのことで不利益を被ったり、悪徳商法などの被害にあわないために、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人などが本人に代わって、契約などの法律行為をしたり、本人の同意を得ずに結ばれた不利益な法律行為を後から取り消すなどの行為ができます。

 成年後見制度は、大きく分けると「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります(下記参照)。制度の利用には、家庭裁判所への申し立てが必要です。本人、配偶者、四親等内の親族のほか、本人に身寄りがない場合などは、市町村長が申立てを行うことができます。

p08

この記事に関する記事

災害時要援護者避難支援制度

 地震や風水害など、大きな災害が発生した時、自力での避難が困難な方を対象にした災害時要援護者避難支援制度があることをご存知ですか。各市町村でその申請方法や詳細は異なりますが、対象となる方は次第に増えて...

知っていますか?医療ソーシャルワーカー

 近年、医療や介護の在り方が多様化しています。医療や介護について困ったら、医療ソーシャルワーカーに気軽に相談してみませんか。きっと、皆さんの味方になってくれますよ。 医療・介護の相談窓口...

定期巡回・臨機対応サービス

「介護が必要になっても、住み慣れた地域で生活を続けたい」という高齢者にとって、できるだけ在宅で介護が受けられる体制を整えることは、緊急の課題となっています。そのような中、今年4月から熊本市でスタートし...

認知症を知って、早めの対策を

高齢化に伴い、認知症をわずらう人が増えています。熊本県では、認知症疾患センターを核とする地域の医療ネットワークやコールセンターを運用する「熊本モデル」と呼ばれる認知症の診断・治療体制を整えています。し...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します