福祉用具や介護機器、食品などを展示  「くまもと介護フェア2017」開催

更新:2017-11-15

 6月22日、熊本市流通情報会館で「くまもと介護フェア2017」を開催しました。くまもとの高齢者住宅ガイド「ひばり」「有限会社千広」「介護ナビくまもと」「株式会社吉平物産」主催のイベントです。

■ 話題の介護ロボットも展示

会場には、車いすや移乗用のリフト、介護ベッドなどを展示。約500人が来場し、にぎわいました。
最新の介護機器や福祉用具、介護用品を見て、実際に体験することができました。最近話題の介護ロボットも展示され、注目が集まりました。
また、高齢者にも食べやすく工夫された介護食品のブースが並び、試食も用意されました。
 

 

■ バラエティーに富んだセミナー

高齢者や介護業界についてのセミナーも開催。第1部には薬剤師の大森眞樹さん、第2部ではマナーコンサルタントの清水智子さん、第3部に介護ナビ事業部の飯田憲幸さんが登場。薬剤師の活用法や介護接遇マナー、介護事業所の人材採用などをテーマに、分かりやすく話してくれました。
今後も「ひばり」では、介護に役立つイベントを企画していく予定です。

 

topic5

この記事に関する記事

定期巡回・臨機対応サービス

「介護が必要になっても、住み慣れた地域で生活を続けたい」という高齢者にとって、できるだけ在宅で介護が受けられる体制を整えることは、緊急の課題となっています。そのような中、今年4月から熊本市でスタートし...

「認知症カフェ」が「オレンジカフェ」と呼ばれる理由

国の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」でも設置が進められている「認知症カフェ」。「オレンジカフェ」とも呼ばれています。 どうやら「認知症サポーター」の人が認知症を支援する目印として、オレ...

知っていますか?医療ソーシャルワーカー

 近年、医療や介護の在り方が多様化しています。医療や介護について困ったら、医療ソーシャルワーカーに気軽に相談してみませんか。きっと、皆さんの味方になってくれますよ。 医療・介護の相談窓口...

小規模多機能型居宅介護について

介護が必要になったら、自宅で介護を受けるのか、施設で介護を受けるのか…。2つの選択肢が頭に浮かぶかもしれません。 もし、中重度になっても「できるだけ自宅で」と考える本人やご家族を支援しようというのが...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します