高齢者の整理収納術

更新:2014-01-01

title リフォームや高齢者住宅への住み替えのタイミングこそ、自分の身の回りを整理するチャンスです。高齢者のさまざまな暮らしの変化に不可欠な、整理収納について、整理収納アドバイザーの池田由里子さんに聞きました。


すっきり片付いた部屋で心地よく過ごしたい。だけど…

  昨今、断捨離ブームで整理収納をテーマにしたセミナーや書籍も大人気です。それだけ多くの人が、整理収納に頭を痛めているということなのかもしれません。しかし、いざ自分がやるとなると、面倒だから、明日やろう…となり、なかなか理想通りにいかないのが現実です。高齢者の場合は、心も体も少しずつ重くなり、さらにそのハードルは高くなってしまうようです。

 まずは整理収納をすることでの効果・メリットを知ることからスタートしましょう。


知っておきたい整理収納の効果

時間的効果

 「あれが見つからない、確かここに…」。探し物にかける時間は、人生におけるもっとも無駄な時間です。歳を重ねるごとに物忘れが多くなるということを考えれば、さらに無駄な時間は増えることになりそうです。整理収納をすることでの探し物にかける時間を短縮する効果は確かにあると考えられます。

経済的効果

  探し物が見つからずに、また新たに同じものを購入したという経験はありませんか? 整理収納をすることで、二度買いやストックによる持ち過ぎなどを防ぐことにも。引っ越しやリフォームなどの場合も、荷物が少ないことによる経費削減は大きいそうです。

精神的効果

  整理整頓された部屋で得られるすっきり感や爽快感、リラックス感は、さらなるやる気を起こさせたり、疲労回復を促進するなどの効果があります。片付いた部屋なら、人を招くこともでき、心豊かな時間が過ごせそうです。

空間的効果

  整理収納がなされることにより空間的ゆとりが生まれ、居心地のいいくつろぎ空間ができます。さらに自身が歳をとった時の車椅子や、介護が必要になった場合の十分なスペースも用意できます。

健康や介護に関する効果

  大きな荷物を移動させたり、押し入れの中から物を取り出す際には、骨折や、けがなどの危険がつきものです。体に負担をかけない収納計画で、事故やけがも予防することが可能です。

p01 片付けが上手くいかないという人は、一度にやろうとするため、収納までいきつかないことが多いようです。きちんと片付けるには、まず「物の整理」が必要。不要なものを取り除いたところで片付けをスタートしましょう。

ページ: 1 2

この記事に関する記事

高齢者を交通事故から守る

高齢者が関わる、痛ましい交通事故が相次いでいます。加害者側になっても、被害者側になっても、心身ともに大きなダメージを受ける交通事故。決して他人事ではありません。歩行者、運転手双方の立場の高齢者を守る方...

小規模多機能型居宅介護について

介護が必要になったら、自宅で介護を受けるのか、施設で介護を受けるのか…。2つの選択肢が頭に浮かぶかもしれません。 もし、中重度になっても「できるだけ自宅で」と考える本人やご家族を支援しようというのが...

熊本大学特別シンポジウムを開催  未来に向けたまちづくりを考える

6月に開催された熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」。日本が福祉国家志向から全員参加社会に向かって変化を迎える中で、これからのまちづくりについて考えるきっかけとなりました。 福祉...

知っていますか?成年後見制度

 成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人たちを保護・支援する制度です。  例えば、預貯金や不動産などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所に関するさまざま...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します