高齢者虐待を考える

更新:2012-01-01

title高齢化が進むにつれて、高齢者虐待が大きな社会問題となっています。高齢者虐待は決して他人事ではありません。高齢者が安心して暮らせる社会にするためにも、虐待について正しく理解し、虐待から高齢者を守りましょう。

(取材協力)

熊本県健康福祉部長寿社会局認知症対策・地域ケア推進課


県内の高齢者虐待の現状

 熊本県の高齢者虐待に関する調査によると、平成22年度、養護者(家族等)による高齢者虐待の相談・通報件数は417件で、前年度に比べて122件増加。虐待認定件数も235件と、前年度を70件上回っています。このうち虐待の種類は、身体的虐待が125件(53・2%)、介護・世話の放棄・放任91件(38・7%)、心理的虐待100件(42・6%)、性的虐待3件(1・3%)、経済的虐待79件(33・6%)となっています。虐待を行った続柄は、息子が42・1%、娘15・8%、夫14・7%、息子の配偶者8・6%となっており、身近な家族からの虐待が多くを占めることがわかります。

 これに対し、養介護施設従事者などによる高齢者虐待は相談・通報件数7件、虐待認定件数3件という結果になっています。また、虐待されている高齢者(介護保険認定済)のうち、約7割が何らかの認知症の症状が見られるように、認知症介護の負担が虐待と大きく関わっていると考えられます。

スクリーンショット 2016-05-10 17.40.22

スクリーンショット 2016-05-10 17.41.00

ページ: 1 2

この記事に関する記事

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。 (取材協力/熊本...

災害時要援護者避難支援制度

 地震や風水害など、大きな災害が発生した時、自力での避難が困難な方を対象にした災害時要援護者避難支援制度があることをご存知ですか。各市町村でその申請方法や詳細は異なりますが、対象となる方は次第に増えて...

高齢者の事情を考慮し自然災害に備えよう

「平成28年熊本地震」で、私たちは日ごろの備えの大切さを痛感させられました。 震災の経験を踏まえて、災害への備えを、改めて見直してみませんか。 日ごろの備えと早めの避難が大切 ...

地域で見守ろう!認知症

 皆さんは、認知症がどんな病気か知っていますか。もし自分や家族が認知症になったら、どうしたらいいのか…この特集では、認知症に関する基本的な知識をはじめ、県内でのさまざまな取り組みを紹介します。 ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します