マンガやアニメで魅力をアピール。介護業界の情報発信をサポート

更新:2019-06-11

事業所の特徴や魅力を伝えるために、新たな情報発信の手段を試してみませんか?『くまもと介護ブランド研究所』では、マンガやアニメを取り入れたツールを提案しています。


d03

集客や求人に活用

『くまもと介護ブランド研究所』は、住宅型有料老人ホームやデイサービスなどを運営する株式会社エースの事業です。
「介護事業を始めたものの、なかなかお客さまが増えず、職員もやめていき、困っていました。そこで、理念をイラストにしてPRしたところ、離職が減り、集客にもつながりました」と代表の緒方伴泰(ともやす)さん。
「中小企業こそ伝える努力が必要」と気づき、介護に特化したブランディング支援事業を立ち上げました。

 

マンガなら一目でわかる!

d02 文字ばかりの資料や求人票では、「どの施設でもサービスや仕事は同じ」と、条件だけで判断されてしまいがち。利用者や求職者と事業所とのミスマッチが起きる恐れもあります。
「マンガやイラストを使うことで、事業所の良さや経営者の思いを分かりやすく伝えることができます。文字がビッシリだと読むのも大変。見る人の負担も減らせます」と制作を担当する斎木(さいき)由美さんは話します。
施設紹介パンフレットやスタッフ募集ムービーなどの制作に加え、4月からは介護経営セミナーも開催(今年度の受講は受け付け終了)。介護業界全体の活性化を目指しています。

 

d04

 

55

TEL 096-351-1192(担当:緒方) 平日 9:00~17:00
熊本市北区飛田3-5-8 socket 2F
 https://www.carebrand.net/
MAIL  info@taiju-yomogi.co.jp

この記事に関する記事

医療者・介護者・福祉者の集まり  ケア・カフェRを知っていますか?

「ケア・カフェR」は、新しいコンセプトで行われる、 医療者、介護者、福祉者の集まりで、全国に広がっています。 地域のケアの向上を目指して 「ケア・カフェR」は2012年に...

熊本の介護の今と未来を考える

 日本は急激な高齢化に伴い、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。変化を続ける介護業界の現状と今後の展望を、熊本を拠点に活躍する4人の方に語っていただきました。   ...

熊本大学特別シンポジウムを開催  未来に向けたまちづくりを考える

6月に開催された熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」。日本が福祉国家志向から全員参加社会に向かって変化を迎える中で、これからのまちづくりについて考えるきっかけとなりました。 福祉...

腰痛予防や人手不足対策に 福祉用具を活用し 〝抱きかかえない介護〟を実現

抱きかかえる介護は、介護する側・される側どちらにも大きな負担となります。特に介護が原因の腰痛は、大きな問題となっています。そこで作業の負担を減らす福祉用具が注目されています。 移乗介助の...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します