夫婦で一緒に入居。お子さんたちも安心の暮らし

更新:2018-05-22

入居者の声011住宅型有料老人ホーム入居歴6カ月 田中 クミエさん(80歳)

天草出身の田中クミエさんは、昨年、腰や背中を痛め、熊本市内の病院へ入院しました。退院後の暮らしを心配したお子さんたちが見つけてくれたのが、昨年11月にオープンした『セカンドホーム マドレ 八景水谷』です。

夫の毅(つよし)さんとともに、2人部屋に入居。「けんかしながらでも、一緒がよかですもんね」と笑います。若いころは漁師だった毅さんの船に、子どもを連れて乗ったこともあるそうです。「漁師の娘なので、婿さんに負けないくらい釣りました」と笑顔で語ります。

今も体を動かすのが好きで、毎朝の体操で手足を動かし、午後は好きな歌を聞いたり、ゲームを楽しんだりしています。「帰りたいときもあるけれど、みんながいるからさみしくないです。皆さんよくしてくれます」と話します。熊本市内に住むお子さんたちも、ご両親が近くにいることで安心されているそうです。

【取材協力】】住宅型有料老人ホーム『セカンドホーム マドレ 八景水谷』

この記事に関する記事

散歩や読書など趣味を満喫 97歳とは思えないほど元気

介護付き有料老人ホーム 入居歴4年 松見 房さん(97歳) 『江津しょうぶ苑』開設当初から入居しているという松見房さん。同施設のオープンチラシを見て、妹さんと一緒に自ら見学に訪れたという行動派で...

スタッフの面倒見の良さに 「生活も快適」と満足の声

住宅型有料老人ホーム入居歴5カ月 島村エツ子さん(91歳) 昨年、転倒がきっかけでケガをし、心配した家族の勧めでショートステイ(短期入所生活介護)サービスを週2~3日利用することになった島村エツ...

夫婦で一緒に入居。お子さんたちも安心の暮らし

住宅型有料老人ホーム入居歴6カ月 田中 クミエさん(80歳) 天草出身の田中クミエさんは、昨年、腰や背中を痛め、熊本市内の病院へ入院しました。退院後の暮らしを心配したお子さんたちが見つけてくれた...

スタッフの支えを受けながら、陶芸や生け花を楽しむ日々

住宅型有料老人ホーム入居歴1年 和田 マスエさん(96歳) 大牟田の三井三池製作所などで働き、結婚して熊本に住むことになった和田マスエさん。ケガで入院したことをきっかけに、娘さんの勧めで『ニチイ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します