教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

更新:2017-11-14

小規模多機能1

 

介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提供します。

 
 

「通い・訪問・宿泊サービスに、24時間365日対応しています」

「小規模多機能型居宅介護」は、事業所への「通い」を中心に、必要に応じて、ご自宅への訪問サービスや、事業所での泊まりサービスを行っています。サービスが違っても、同じ場所で、顔なじみの職員に対応してもらえるのが一番の特徴です。

要介護度に応じた月額定額制で、利用回数が変わっても金額に変動はありません。24時間年中無休のため、利用者やご家族の状況に合わせて利用できます。専属のケアマネジャーがいるので、急な利用や予定の変更にも対応できます。

この記事に関する記事

災害時要援護者避難支援制度

 地震や風水害など、大きな災害が発生した時、自力での避難が困難な方を対象にした災害時要援護者避難支援制度があることをご存知ですか。各市町村でその申請方法や詳細は異なりますが、対象となる方は次第に増えて...

高齢者の事情を考慮し自然災害に備えよう

「平成28年熊本地震」で、私たちは日ごろの備えの大切さを痛感させられました。 震災の経験を踏まえて、災害への備えを、改めて見直してみませんか。 日ごろの備えと早めの避難が大切 ...

地域で見守ろう!認知症

 皆さんは、認知症がどんな病気か知っていますか。もし自分や家族が認知症になったら、どうしたらいいのか…この特集では、認知症に関する基本的な知識をはじめ、県内でのさまざまな取り組みを紹介します。 ...

熊本市が高齢者の住宅再建をサポート 「リバースモーゲージ利子助成」

高齢者の生活資金や、震災後の住宅再建費用には、「リバースモーゲージ」という選択肢もあります。住宅再建に役立つ、熊本市の支援制度を紹介します。 自宅を担保に融資 高齢化が進む中、老後...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します