教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

更新:2017-11-14

小規模多機能1

 

介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提供します。

 
 

「通い・訪問・宿泊サービスに、24時間365日対応しています」

「小規模多機能型居宅介護」は、事業所への「通い」を中心に、必要に応じて、ご自宅への訪問サービスや、事業所での泊まりサービスを行っています。サービスが違っても、同じ場所で、顔なじみの職員に対応してもらえるのが一番の特徴です。

要介護度に応じた月額定額制で、利用回数が変わっても金額に変動はありません。24時間年中無休のため、利用者やご家族の状況に合わせて利用できます。専属のケアマネジャーがいるので、急な利用や予定の変更にも対応できます。

この記事に関する記事

高齢者をとりまく犯罪・被害について知る

 超高齢化社会のいま、日常起こる事件や事故にお年寄りが関わるケースが増えています。中でも、新しい手口が増え、お年寄りの被害が相次ぐ、振り込め詐欺をはじめとする"特殊詐欺" 。同じく、増加傾向にある認知...

高齢者の住まいを考える

 1人暮らしの高齢者や、高齢者のみの世帯が急増するに連れて、高齢者向けの住まいも多様化しています。種類が増えるに連れ、自分に合った住まいをどういう基準で選んだらいいのか、分からないという人も多いのでは...

熊本市が高齢者の住宅再建をサポート 「リバースモーゲージ利子助成」

高齢者の生活資金や、震災後の住宅再建費用には、「リバースモーゲージ」という選択肢もあります。住宅再建に役立つ、熊本市の支援制度を紹介します。 自宅を担保に融資 高齢化が進む中、老後...

高齢者の事情を考慮し自然災害に備えよう

「平成28年熊本地震」で、私たちは日ごろの備えの大切さを痛感させられました。 震災の経験を踏まえて、災害への備えを、改めて見直してみませんか。 日ごろの備えと早めの避難が大切 ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します