教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

更新:2017-11-14

グループホーム1

 

認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。

 
 

「認知症の方が少人数で、自分らしく生活する場です」

「グループホーム」は、認知症の方が少人数で、自分らしい生活を送る場です。できること、できないことは、一人ひとり違います。共同生活といってもルールに沿って皆が同じことをする必要はなく、お部屋は基本的に個室で、その人らしさを認め、自由を重視した生活です。
看護師の配置は義務ではないため、利用者の高齢化や介護度の重度化に伴う、看取りへの対応や医療との連携が今後の課題です。ご家族とのつながりも大切にしていきたいと考えています。

この記事に関する記事

災害時要援護者避難支援制度

 地震や風水害など、大きな災害が発生した時、自力での避難が困難な方を対象にした災害時要援護者避難支援制度があることをご存知ですか。各市町村でその申請方法や詳細は異なりますが、対象となる方は次第に増えて...

認知症を知って、早めの対策を

高齢化に伴い、認知症をわずらう人が増えています。熊本県では、認知症疾患センターを核とする地域の医療ネットワークやコールセンターを運用する「熊本モデル」と呼ばれる認知症の診断・治療体制を整えています。し...

熊本大学特別シンポジウムを開催  未来に向けたまちづくりを考える

6月に開催された熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」。日本が福祉国家志向から全員参加社会に向かって変化を迎える中で、これからのまちづくりについて考えるきっかけとなりました。 福祉...

若い世代も活躍!介護の未来を支える力

 高齢者の増加や少子化による労働力の減少などから、将来的に介護人材の不足が予想されています。幅広い人材の介護業界への参入が求められる中で、若い世代の活躍が期待されています。   ...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します