教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

更新:2017-11-14

グループホーム1

 

認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。

 
 

「認知症の方が少人数で、自分らしく生活する場です」

「グループホーム」は、認知症の方が少人数で、自分らしい生活を送る場です。できること、できないことは、一人ひとり違います。共同生活といってもルールに沿って皆が同じことをする必要はなく、お部屋は基本的に個室で、その人らしさを認め、自由を重視した生活です。
看護師の配置は義務ではないため、利用者の高齢化や介護度の重度化に伴う、看取りへの対応や医療との連携が今後の課題です。ご家族とのつながりも大切にしていきたいと考えています。

この記事に関する記事

教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

  介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提...

認知症を知って、早めの対策を

高齢化に伴い、認知症をわずらう人が増えています。熊本県では、認知症疾患センターを核とする地域の医療ネットワークやコールセンターを運用する「熊本モデル」と呼ばれる認知症の診断・治療体制を整えています。し...

高齢者の整理収納術

 リフォームや高齢者住宅への住み替えのタイミングこそ、自分の身の回りを整理するチャンスです。高齢者のさまざまな暮らしの変化に不可欠な、整理収納について、整理収納アドバイザーの池田由里子さんに聞きました...

高齢者の住まいを考える

 1人暮らしの高齢者や、高齢者のみの世帯が急増するに連れて、高齢者向けの住まいも多様化しています。種類が増えるに連れ、自分に合った住まいをどういう基準で選んだらいいのか、分からないという人も多いのでは...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します