教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人保健施設」

更新:2017-11-14

 

介護が必要な高齢者を対象に、在宅復帰に向けた準備を行うとともに、自宅での生活が継続できるように、看護、医学的な管理の下、介護、リハビリ、栄養管理や生活相談等の総合的な支援を行います。

 

 

「在宅復帰と在宅生活の継続をサポートする施設です」

平成29年6月の介護保険法の改正で、「介護老人保健施設」は在宅復帰と在宅支援を行う施設だと明確に定義されました。入所、短期入所、通所リハビリ、訪問リハビリなど、多機能でさまざまな相談窓口を持つ施設として、地域包括ケアの中核的な役割を担うことを目指しています。

ご家族と情報を共有しながら、医師や看護、介護職員、リハビリ専門職、管理栄養士などすべての職員がチームとなり、ご利用者の在宅復帰を目指し、退所後の在宅生活を支援します。

この記事に関する記事

少しの工夫でエネルギーアップ。低栄養を予防しよう

栄養状態が悪くなり、体に悪影響を及ぼす高齢者の「低栄養」が問題になっています。原因や予防法など正しい知識を身につけ、栄養状態を改善しましょう。 低栄養が原因で要介護状態になることも 「低栄養」とは...

認知症を知って、早めの対策を

高齢化に伴い、認知症をわずらう人が増えています。熊本県では、認知症疾患センターを核とする地域の医療ネットワークやコールセンターを運用する「熊本モデル」と呼ばれる認知症の診断・治療体制を整えています。し...

教えて!高齢者向け施設の違い「グループホーム」

  認知症の高齢者が、スタッフの援助を受け、1ユニット(5~9人)の少人数で共同生活を送る場です。その地域に住んでいる人を対象にした地域密着型サービスの一つです。 &nb...

教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

  介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します