教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人保健施設」

更新:2017-11-14

 

介護が必要な高齢者を対象に、在宅復帰に向けた準備を行うとともに、自宅での生活が継続できるように、看護、医学的な管理の下、介護、リハビリ、栄養管理や生活相談等の総合的な支援を行います。

 

 

「在宅復帰と在宅生活の継続をサポートする施設です」

平成29年6月の介護保険法の改正で、「介護老人保健施設」は在宅復帰と在宅支援を行う施設だと明確に定義されました。入所、短期入所、通所リハビリ、訪問リハビリなど、多機能でさまざまな相談窓口を持つ施設として、地域包括ケアの中核的な役割を担うことを目指しています。

ご家族と情報を共有しながら、医師や看護、介護職員、リハビリ専門職、管理栄養士などすべての職員がチームとなり、ご利用者の在宅復帰を目指し、退所後の在宅生活を支援します。

この記事に関する記事

介護保険改正でどう変わる?高齢期の住まいの選び方

「医療介護総合確保促進法」に基づき、今年4月から介護保険制度が大きく変わりました。何がどう変わったのか、利用者に関係の深い改正のポイントを中心にご紹介。さらに、改正を踏まえた今後の「住まいの選び方」に...

高齢者の食事のポイントをチェック!

 今、高齢者の「低栄養」が話題になっています。食べているつもりでも、エネルギーや必要な栄養素が不足しているかもしれません。今の食生活を見直してみませんか。     ...

小規模多機能型居宅介護について

介護が必要になったら、自宅で介護を受けるのか、施設で介護を受けるのか…。2つの選択肢が頭に浮かぶかもしれません。 もし、中重度になっても「できるだけ自宅で」と考える本人やご家族を支援しようというのが...

知っていますか?成年後見制度

 成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人たちを保護・支援する制度です。  例えば、預貯金や不動産などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所に関するさまざま...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します