教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人保健施設」

更新:2017-11-14

 

介護が必要な高齢者を対象に、在宅復帰に向けた準備を行うとともに、自宅での生活が継続できるように、看護、医学的な管理の下、介護、リハビリ、栄養管理や生活相談等の総合的な支援を行います。

 

 

「在宅復帰と在宅生活の継続をサポートする施設です」

平成29年6月の介護保険法の改正で、「介護老人保健施設」は在宅復帰と在宅支援を行う施設だと明確に定義されました。入所、短期入所、通所リハビリ、訪問リハビリなど、多機能でさまざまな相談窓口を持つ施設として、地域包括ケアの中核的な役割を担うことを目指しています。

ご家族と情報を共有しながら、医師や看護、介護職員、リハビリ専門職、管理栄養士などすべての職員がチームとなり、ご利用者の在宅復帰を目指し、退所後の在宅生活を支援します。

この記事に関する記事

定期巡回・臨機対応サービス

「介護が必要になっても、住み慣れた地域で生活を続けたい」という高齢者にとって、できるだけ在宅で介護が受けられる体制を整えることは、緊急の課題となっています。そのような中、今年4月から熊本市でスタートし...

熊本大学特別シンポジウムを開催  未来に向けたまちづくりを考える

6月に開催された熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」。日本が福祉国家志向から全員参加社会に向かって変化を迎える中で、これからのまちづくりについて考えるきっかけとなりました。 福祉...

「認知症カフェ」が「オレンジカフェ」と呼ばれる理由

国の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」でも設置が進められている「認知症カフェ」。「オレンジカフェ」とも呼ばれています。 どうやら「認知症サポーター」の人が認知症を支援する目印として、オレ...

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。 (取材協力/熊本...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します