教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人福祉施設」

更新:2017-11-14

老健

 

常に介護が必要で、在宅での介護が難しい方を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、栄養管理などを行います。
高齢者の生活を支えていくための施設です。

 

 

「介護が必要な高齢者の生活を支える最後の砦です」

病院は治療が中心になりますが、「介護老人福祉施設」では入居者の生活が中心です。できるだけ長く元気な状態を保ち、暮らしやすくするにはどうしたらよいか考え、介護スタッフや看護師・栄養士などが連携し、看取りまで行います。医療ケアは限られたものになりますが、高齢者の生活を支える最後の砦(とりで)です。

地域密着型施設もあり、地域や家族との結びつきを大切にしています。生活スタイルによって、どの施設を選ぶか考えるとよいと思います。

この記事に関する記事

介護サービスを受けるには?

「介護サービスを受けたい」と思っても、何からどう始めていいのか分からないという人も多いのでは? この特集では、介護サービスを利用するための各種手続きについてまとめてみました。 要支援・要...

知っていますか?成年後見制度

 成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な人たちを保護・支援する制度です。  例えば、預貯金や不動産などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所に関するさまざま...

高齢者虐待を考える

高齢化が進むにつれて、高齢者虐待が大きな社会問題となっています。高齢者虐待は決して他人事ではありません。高齢者が安心して暮らせる社会にするためにも、虐待について正しく理解し、虐待から高齢者を守りましょ...

教えて!高齢者向け施設の違い 「小規模多機能居宅介護」

  介護が必要になった高齢者が、住み慣れた地域で、できるだけ自立した生活を送ることができるように、「通所サービス」を中心に、「訪問サービス」や「宿泊サービス」を組み合わせて、提...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します