教えて!高齢者向け施設の違い「介護老人福祉施設」

更新:2017-11-14

老健

 

常に介護が必要で、在宅での介護が難しい方を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、栄養管理などを行います。
高齢者の生活を支えていくための施設です。

 

 

「介護が必要な高齢者の生活を支える最後の砦です」

病院は治療が中心になりますが、「介護老人福祉施設」では入居者の生活が中心です。できるだけ長く元気な状態を保ち、暮らしやすくするにはどうしたらよいか考え、介護スタッフや看護師・栄養士などが連携し、看取りまで行います。医療ケアは限られたものになりますが、高齢者の生活を支える最後の砦(とりで)です。

地域密着型施設もあり、地域や家族との結びつきを大切にしています。生活スタイルによって、どの施設を選ぶか考えるとよいと思います。

この記事に関する記事

福祉用具や介護機器、食品などを展示  「くまもと介護フェア2017」開催

 6月22日、熊本市流通情報会館で「くまもと介護フェア2017」を開催しました。くまもとの高齢者住宅ガイド「ひばり」「有限会社千広」「介護ナビくまもと」「株式会社吉平物産」主催のイベントです。 ...

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 「高齢者住まい法」の改正により、2011年10月20日から登録がスタートした「サービス付き高齢者向け住宅」をご存知でしょうか? 今回は、その背景や詳細について、詳しく紹介します。 (取材協力/熊本...

介護サービスを受けるには?

「介護サービスを受けたい」と思っても、何からどう始めていいのか分からないという人も多いのでは? この特集では、介護サービスを利用するための各種手続きについてまとめてみました。 要支援・要...

災害時要援護者避難支援制度

 地震や風水害など、大きな災害が発生した時、自力での避難が困難な方を対象にした災害時要援護者避難支援制度があることをご存知ですか。各市町村でその申請方法や詳細は異なりますが、対象となる方は次第に増えて...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します