日本人に多い病気「脳卒中」。症状や回復の状態に合わせ 継続的なリハビリを

更新:2018-12-20

タイトルまわりkaigo_rehabilitation

無題p6-1

脳卒中は日本人に多い病気の一つで、年々、患者数が増えています。後遺症が残ることも多く、症状に合わせた継続的なリハビリが必要です。

 

脳の血管の障害で発症
要介護の原因にも

 

脳の血管が破れたり詰まったりして起こる病気を「脳卒中」といいます。脳卒中には、脳の血管が詰まって起きる「脳梗塞(こうそく)」、脳の血管が破れる「脳出血」、脳の動脈瘤(りゅう)が破裂して出血する「くも膜下出血」があります。脳卒中の約7割と最も多いのが脳梗塞です。

『脳梗塞リハスタジオNext(ネクスト)熊本』の理学療法士・池田竜太さん、作業療法士・園田大輔さんに聞きました。

「脳卒中の患者数は年々増えており、2025年ごろには約300万人に上るだろうといわれています」と園田さん。後遺症が残る場合も多く、介護が必要となった主な原因の約16・6%が脳卒中です(平成28年国民生活基礎調査の概況/厚生労働省)。

p6-2高血圧や糖尿病、脂質異常症の人は、脳卒中の発症リスクが高まります。不整脈などの心疾患によって血栓でき、心臓から脳に飛んで血管を詰まらせる場合もあります。肥満や運動不足、喫煙、多量の飲酒やストレスなども、脳卒中の危険を高めます。

 

脳卒中が疑われる場合は一刻も早く病院へ

 

脳卒中になると、障害を受ける脳の場所によって、激しい頭痛や意識の異常、手足や顔のまひやしびれ、言語や目の異常など、さまざまな症状が現れます。

p6-3

「ろれつが回らなくなる、頭痛がするなど、突然症状が現れることが多いです。脳卒中の治療は一分一秒を争います。診察を待っている間に症状が悪化することもあるので、脳卒中が疑われる場合は、すぐに救急車を呼んでください」と園田さん。早く治療すると回復も早くなります。

脳梗塞と同じような症状が起きる「一過性脳虚血発作」は、短時間でおさまるものの、あとから大きな発作が起きることが多く、脳梗塞の前触れとして注意が必要だといわれています。症状が消えても、病院で適切な処置を受けましょう。

 

 

p7-1早期にリハビリを開始

 

治療後、血圧などが安定し、医師が許可すれば、リハビリテーション(リハビリ)を開始します。

「体を動かさないと関節が固まりむくみが出るため、早ければ翌日からリハビリを行います」と園田さん。手足の曲げ伸ばしやストレッチ、症状が安定すれば座る練習も始めます。

医学的な処置が必要なくなれば回復期病院などへ転院し、積極的なリハビリを行います。理学療法士が立つ・歩くなどの動きや装具を使った歩行を担当し、作業療法士はトイレや洗面、食事などのリハビリを行います。言葉が出にくいときや飲みこみの問題は言語聴覚士が担当します。

リハビリでは、まひのある手足の機能を上げるとともに、まひのない手足を上手に使い、残った機能を活かして日常生活を改善していきます。
p7-2

自費リハビリという選択肢

 

脳卒中は再発することが多い病気です。原因となる高血圧や糖尿病、脂質異常症などの治療を行うとともに、適度な運動も大切です。

「病気に関わらず、年齢とともに体力や運動機能は低下していきます。体を動かさなければ全身の状態が悪くなります。趣味などで外出の機会を持つのもよいですね」と池田さん。

塩分や脂肪を減らす、禁煙するなど、食事や生活習慣も見直しましょう。医療保険の制度で、リハビリの期間は脳血管障害で最大180日(高次脳機能障害を伴う場合)までと定められています。

退院後は主に介護保険を利用してリハビリを行いますが、利用できる回数や時間は制限があります。そこで注目されているのが保険外のリハビリ施設(自費リハビリ)です。

『Next熊本』では理学療法士と作業療法士が90分間、個別に対応します。「酸素ボックス内でのリハビリ」を行うことも特徴の一つです。各施設によってさまざまな特徴があるので、自分に合うところを選びましょう。
p7-3

「脳卒中の症状は一人ひとり違い、その人に合わせたリハビリを行うことが改善につながります。根気よく行うことで、できなかったことができるようになります。あきらめずに続けることが大切です」と池田さん。

園田さんは「リハビリが目的になってはいけない」と指摘します。「なりたい自分、やりたいことなど、目標に向けて、リハビリの先の幸せのために、がんばってほしいです」

自己流の運動や無理なリハビリで、体を痛めてしまうこともあります。専門家の指導のもと、自分に合ったリハビリを続けることが大切です。

 

p7-6

p7-5

 

 

 

 

この記事に関する記事

熊本大学特別シンポジウムを開催  未来に向けたまちづくりを考える

6月に開催された熊本大学特別シンポジウム「豊かな未来を私たちの手で」。日本が福祉国家志向から全員参加社会に向かって変化を迎える中で、これからのまちづくりについて考えるきっかけとなりました。 福祉...

若い世代も活躍!介護の未来を支える力

 高齢者の増加や少子化による労働力の減少などから、将来的に介護人材の不足が予想されています。幅広い人材の介護業界への参入が求められる中で、若い世代の活躍が期待されています。   ...

高齢者の食事のポイントをチェック!

 今、高齢者の「低栄養」が話題になっています。食べているつもりでも、エネルギーや必要な栄養素が不足しているかもしれません。今の食生活を見直してみませんか。     ...

医療者・介護者・福祉者の集まり  ケア・カフェRを知っていますか?

「ケア・カフェR」は、新しいコンセプトで行われる、 医療者、介護者、福祉者の集まりで、全国に広がっています。 地域のケアの向上を目指して 「ケア・カフェR」は2012年に...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します