福祉用具や介護機器、食品などを展示  「くまもと介護フェア2017」開催

更新:2017-11-15

 6月22日、熊本市流通情報会館で「くまもと介護フェア2017」を開催しました。くまもとの高齢者住宅ガイド「ひばり」「有限会社千広」「介護ナビくまもと」「株式会社吉平物産」主催のイベントです。

■ 話題の介護ロボットも展示

会場には、車いすや移乗用のリフト、介護ベッドなどを展示。約500人が来場し、にぎわいました。
最新の介護機器や福祉用具、介護用品を見て、実際に体験することができました。最近話題の介護ロボットも展示され、注目が集まりました。
また、高齢者にも食べやすく工夫された介護食品のブースが並び、試食も用意されました。
 

 

■ バラエティーに富んだセミナー

高齢者や介護業界についてのセミナーも開催。第1部には薬剤師の大森眞樹さん、第2部ではマナーコンサルタントの清水智子さん、第3部に介護ナビ事業部の飯田憲幸さんが登場。薬剤師の活用法や介護接遇マナー、介護事業所の人材採用などをテーマに、分かりやすく話してくれました。
今後も「ひばり」では、介護に役立つイベントを企画していく予定です。

 

topic5

この記事に関する記事

熊本の介護の今と未来を考える

 日本は急激な高齢化に伴い、世界でも類を見ない超高齢社会に突入しています。変化を続ける介護業界の現状と今後の展望を、熊本を拠点に活躍する4人の方に語っていただきました。   ...

若い世代も活躍!介護の未来を支える力

 高齢者の増加や少子化による労働力の減少などから、将来的に介護人材の不足が予想されています。幅広い人材の介護業界への参入が求められる中で、若い世代の活躍が期待されています。   ...

寒い時期はノロウイルスに要注意

食中毒というと夏のイメージですが、寒い時期にも多く発生するのがノロウイルスによる食中毒。高齢者は重症化する場合があるので注意が必要です。 予防には、食品の十分な加熱、手洗い、調理器具などの消毒が大切...

高齢者の住まいを考える

 1人暮らしの高齢者や、高齢者のみの世帯が急増するに連れて、高齢者向けの住まいも多様化しています。種類が増えるに連れ、自分に合った住まいをどういう基準で選んだらいいのか、分からないという人も多いのでは...

皆様のご希望にピッタリの施設をご紹介します